自動運転ソフトウェアはここまで進化しています!

自動運転が現実になる!進化したソフトウェア

進化している自動運転の世界

自動運転が可能な車は、世の中に実際に流通しています。 その1つがハンズフリーのソフトウェアが搭載されている車で、指定されたエリア内で走行できます。 この車ならドライバーがハンドルを握る必要がなく、周囲の景色を見ながら安全にドライブができる面がメリットですね。

ハンドルを握らなくても良い車

日本では実際に、ハンズフリーで運転できる車が販売されています。
これは名前の通り、ハンドルに触れなくてもシステムが自動で車を運転してくれるもので、自動運転の第一歩となっています。
まだこの段階だと決められたエリア内だったり、運転席にドライバーが座ったりする必要がありますが、もっと技術が進化することで完全な自動運転が現実になります。
すべてが自動運転になれば車を運転する際の負担もなくなり、ドライブがもっと快適になる面がメリットです。

自動運転に関する機能を、アップデートできるソフトウェアも登場しています。
これまでは車をバージョンアップさせたい場合は、車ごと買い替えなければいけませんでした。
アップデートする場合は高額な費用が発生するので、なかなか実現できなかった人が多いと思います。
機能をバージョンアップさせることができれば、余計な費用や手間がかかりませんし、気に行っている車にずっと乗り続けられます。
これから車を購入しようと思っている人は、自動運転の技術が搭載されているものを選択するのがおすすめです。

自動運転が一般化されることで、事故を防げる面が大きなメリットです。
交通事故の主な原因は信号無視やアクセルとブレーキを踏み間違えるなど、ドライバーの運転技術や認知機能に問題があるとされてきました。
システムにすべての運転を任せれば、そのような事故が起こりません。
車に乗る人にとっても、道路を歩く人にとっても安全性が高い世の中になりますね。

アップデートできるシステム

新しい機能が追加されると、自動でアップデートできるソフトウェアも登場しています。 今の車に乗り続けたまま、新しい機能を利用できるので便利ですね。 車を探している人は、自動運転ソフトウェアが搭載されている車が良いとディーラーに伝えてみてください。

自動運転のメリットとは

自動運転が主流になることで、これまでよりも事故を防げます。 実際に車が原因の死亡事故もたくさん起こっており、なるべく早い時期に完全な自動運転技術が完成して、誰でも自由に来るまで移動できるようになってほしいですね。 ただそのためには技術だけでなく、法の改正なども必要です。


PAGE
TOP